VIVIMAGE製 E10Androidタブレット+専用キーボード 1年半使用実機レビュー

今回はVIVIMAGEより2021年3月に発売されたAndoroidタブレット、VIVIMAGE E10を約1年半使用した中で感じた使用感や使用した中で感じた良い点、悪い点についてレビューしていきます。

私が実際にしている中で感じた結論としては、非常にコストパフォーマンスが高いタブレット入門機種と感じます。

どこまで使いこなせるわからないから安価なタブレットを探されているという方の参考となれば嬉しいです。

2022年12月現在では、VIVIMAGE E11という後継機も発売されております。今から購入するのであれば、スペック的には大きな差はありませんので、どちらを選んでも良いと思います。E11のスペックについても後述します。

目次

VIVIMAGE E10 Androidタブレット+専用キーボード

コストパフォーマンス評価

結論から申し上げますと低価格帯のタブレットでありながら基本的な操作でのもたつきなどは全くありませんでした。よほど重たい3D処理が必要なゲーム以外であれば軽快に動作しています。

使用用途が動画視聴やブラウジング、電子書籍の閲覧などが主であれば、お手頃価格で快適に使えるエントリーモデルのタブレットです。

別売りのキーボードについても同時購入しておりますので、合わせてレビューしていきます!

基本スペック

OSAndroid10
RAM3GB
ストレージ32GB(microSDスロット有り)
画面サイズ10.1インチ
重量527g
カメラ性能インカメラ:5MP アウトカメラ:8MP
バッテリー容量6000mAh
入出力type-c

ストレージの容量が32GBありますので、wifi環境下でAmazon prime videoやNetflixのアプリをダウンロードすれば再生可能です。

私の家庭には、小さな子供がいますので、遠くへ外出する際にアニメをダウンロードして車で流したりもしています。

簡単な書類作成やネットサーフィン・動画視聴・電子書籍の閲覧に使えて15,000円位で有れば、十分タブレットとしての役割を果たしていると感じますが、高画質な映像作品を楽しみたいという方はハイエンドモデルにした方がいいと思います。

Micro HDMLによる有線外部映像出力

ローエンドモデルでありながらMicroHDMLによる有線での外部映像出力が可能です。

タブレットの映像を別モニターに出力するという使い方も可能です。

【別売り】キーボード付きケース

JIS配列になっている為、通常のキーボードと同様の使用感で操作可能です。

ケースの蓋部分が内側に折り込めるようになっている為、裏側を織り込むことでタブレットが自立できるようにもなっています。

キーボードケースとしての完成度が高いので、2in1タブレット的な使い方を検討している方にもお勧めできる一品だと思います。

後継機 VIVIMAGE E11 Androidタブレットの特徴

  • RAMメモリ:3GB⇒4GBへ向上
  • ストレージ容量:32GB⇒64GBへ向上
  • アウトカメラ:800万画素⇒1300万画素へ向上
  • 専用カバーはE10タブレットカバーと共有可能
  • フルHD液晶

終わりに

購入した時は日常利用でも快適に使用できるか不安に感じていましたが、結果的にはとても重宝しています。

高スペックを求める場合、ipad等のハイエンドモデルのタブレットをオススメしますが、ネットサーフィンや動画視聴、子供のタイピング練習用等と考えると十分過ぎるスペックと思います。

googleが無料で提供しているドキュメントやスプレッドシートをダウンロードすれば文書作成や表計算機能も使えるので、ビジネス面での利用も可能ですよ。

参考となれば嬉しいです!

ご覧いただきありがとうございました!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本業は自転車タイヤメーカーで営業をしているissueです。
学生の頃から音楽と運動が大好きでした。
このブログを通じて趣味の音楽情報や自転車知識について発信していきたいと思います。

issue
本業は金型や自動車部品の営業をしているissueです。
昔から音楽が大好きで学生時代は軽音楽部でギターを弾いていました。
自分でも楽器を弾き、沢山のアーティストのライブやフェスにも行ってきました。
このブログを通じて会社生活に悩みを抱えている人や音楽など何か好きな物を探したいと感じている人の役に立ちたいと思います。

コメント

コメントする

目次