”菅田将暉の盟友”石崎ひゅーいの本名は?プロフィールや人気・定番曲ランキング10選!!

こんにちは!いっしゅーです!

今回は歌手としてだけでなく俳優としても活躍する茨城県水戸市出身の「シンガーソングライター」石崎ひゅーいの紹介をさせていただきます。

俳優の菅田将暉さんや人気歌手のあいみょんさんとも深い繋がりを持つ『ファンタジックで独創的な音楽が特徴』の人気アーティストの魅力をお伝えできれば嬉しいです。

宜しくお願いします!

目次

石崎ひゅーい プロフィール

本名:石崎ひゅーい

生年月日:1984年3月7日

血液型:A型

出身地:茨城県水戸市

職業:シンガーソングライター/俳優/作詞家/作曲家

親交のあるアーティスト:菅田将暉・あいみょん・尾崎世界観(クリープハイプ)等

経歴

石崎ひゅーいは茨城県水戸市出身のシンガーソングライターです。

中学3年生の時に友人に誘われて結成したバンド「mighty duck」でボーカルを担当。

約4年間に渡り活動を続けるが、和光大学1年の時に解散、2004年10月にロックバンド「astrocoast」を結成する。

astrocoastで活動中に横浜市のライブハウスで音楽プロデューサーの須藤晃で出会う。

2010年11月にバンドを解散し、須藤の後押しも有り、ソロでの活動をスタートする。

2012年7月、エピックレコードジャパンよりミニアルバム「第三惑星交響曲」をリリースし、念願のメジャーデビューを果たす。

 音楽性

石崎ひゅーいの作り出す楽曲は独自の世界観とエモーショナルな歌詞で表現されており、過去のインタビューでは『溜まった感情から生まれた言葉を膨らませていくことで曲になっていく』という独特な表現方法で楽曲作りの手法について語りました。

そして、彼の楽曲作りの中で影響を与えてくれる存在は『喧嘩した友人や別れた彼女、今までに出会った様々な人』も含まれますが、一層強く想うのは母親の存在ということです。

誰よりも身近にいた母親という存在、それが石崎ひゅーいの曲作りの原動力となっています。

石崎ひゅーいの母親は天体観測を趣味にしており、家には複数の天体望遠鏡が並んでいました。
家の壁一面には星のシール等も貼っており、ファンタジックな環境下で育った彼だからこそ紡ぎだせる音楽が「石崎ひゅーい」の最大の魅力となっています。
※お母さんはデビュー4年前の2008年に他界されています。

石崎ひゅーい 人気楽曲10選

1位:第三惑星交響曲

この曲は母親を喜ばせる為に書いた一曲と言われています。
デビュー4年前の2008年に他界した、お母さんへの鎮魂歌という意味合いもあるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

issue0109のアバター issue0109 音楽と共に生きる会社員

本業は自動車部品の営業をしているissueです。
昔から音楽が大好きで学生時代は軽音楽部でギターも弾いていました。
今まで色々なアーティストのライブやフェスに行ったり、自分で楽器を弾いたり、常に音楽と共に人生を過ごしてきました。
このブログを通じてもっと音楽の良さを発信していけたらと思っています。
よければ見ていってください(^^♪

コメント

コメントする

目次